肩こりを解消!自分でできる肩甲骨の筋膜リリース
2017-09-25 19:00:00 お気に入り リンパ

肩こりを解消!自分でできる肩甲骨の筋膜リリース

こんにちは!トレーナーのMAIKOです。肩甲骨の筋膜リリースを行うと肩甲骨の可動域が広がり、肩甲骨周りの筋肉もほぐれます。肩こり解消以外にも脂肪燃焼細胞の活性化や、トレーニングのパフォーマンス向上など様々な効果がありますよ!

アナタにおすすめ
    続きを読む

    肩甲骨の筋膜リリースの方法

    1.手を肩に置き、肘で円を描くように大きく回します。

    2.肩甲骨を寄せるイメージで行いましょう。

    3.手を上に伸ばし、手のひらを外に向けながら肘をおろします。

    4.手を肩の高さまで上げ、肘を90度に曲げます。

    5.そのまま後ろに引きます。

    肩甲骨を意識して大きく丁寧に動かしてください。

    おつかれさまでした♪

    【こんな時】

    いつでも(1日に数回行って下さい)

    【部位】

    肩甲骨

    【目指す効果】

    肩こり解消

    【コメント】理学療法士:堂薗斉子

    肩こりの原因は様々ですが、1つの原因として猫背姿勢の習慣化があります。猫背姿勢を取りつづけることで肩甲骨周りがコリ固まってしまいます。現代社会ではパソコン作業やスマートフォン操作が多く、猫背姿勢を取りやすい生活習慣です。

    今回はこの猫背姿勢を解消することができる肩甲骨エクササイズです。

    1つ目のエクササイズのポイントは2つです。肘で大きく円を描くように回すこと、もう1つは肩ではなく肩甲骨・背中を動かすことを意識することです。このことで、肩甲骨の動きをしっかり出すことができます。

    2つ目のエクササイズのポイントは肩甲骨を引き寄せるように肘をおろします。

    3つ目のエクササイズのポイントも肩甲骨を引き寄せるように肘を後ろに引きます。

    3つのエクササイズ全て、肩甲骨の動きを感じてあげることで、より良い効果を期待することができます。

    肩こりの症状が強い方は、ゴリゴリ肩甲骨周りがなるかと思います。痛みのない範囲で、ゆっくり大きくエクササイズを行いましょう♪

    また、椅子に座ったままでもできるエクササイズです。オフィスワークの方はお仕事の合間に行うと、肩甲骨周りの血流もよくなりスッキリします♪

    注意事項

    ※正しく行うと健康保持・増進のための有用な習慣を身につけることができます。その反面、指導者がいないと我流になり有害事象を生じやすくなります。無理をせずに、特に持病などをお持ちの方は医師や指導者に伝えてから始めましょう。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード