ゆがんだ骨盤を整えるためのヨガのポーズ「ワニのポーズ」
2017-10-22 19:00:00 お気に入り 骨盤

ゆがんだ骨盤を整えるためのヨガのポーズ「ワニのポーズ」

ゆがんだ骨盤を整えるためのヨガのポーズ「ワニのポーズ」をご紹介します。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    ゆがんだ骨盤を整える「ワニのポーズ」のやり方

    1.仰向けになり、力を抜きます。

    2.右膝を抱え込み、左側へゆっくり倒していきます。

    3.右手は斜め上方向へ伸ばします。このときに、右膝が浮かないように左手で押さえ、できるだけ床へ近づけましょう。

    4.ゆっくりと3呼吸しましょう。

    5.仰向けに戻り、反対側も行いましょう。

    【コメント】アーユルヴェーダ:飯田桃子

    ワニのポーズは、アーユルヴェーダでいうところのピッタのエネルギーに影響します。

    火のエネルギーとも言われるピッタのエネルギーは、燃える炎に象徴されるように、燃やす力=消化のはたらきを司ります。

    臓器で言うと、胃や腸は食べ物を消化するはたらきがあるので、ピッタの臓器であるといえます。

    新しい情報を咀嚼して判断する力や知識に変える力、またエネルギッシュさもピッタによるものといえるでしょう。

    ピッタが過剰になると、胃痛や下痢、イライラ感などといった症状が出ます。

    ワニのポーズは、捻りを加えることで腹部や腰部のピッタゾーンを刺激し、ピッタの過剰による不調をコントロールします。

    注意事項

    ※効果の一例を紹介しています。

    ※正しく行うと健康保持・増進のための有用な習慣を身につけることができます。その反面、指導者がいないと我流になり有害事象を生じやすくなります。無理をせずに、特に持病などをお持ちの方は医師や指導者に伝えてから始めましょう。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード