ヨガのポーズ「猫のポーズ」でストレスに負けない体を手に入れよう
2017-11-25 19:00:00 お気に入り ストレス

ヨガのポーズ「猫のポーズ」でストレスに負けない体を手に入れよう

今日は猫のポーズでストレスに負けない体を手に入れましょう♪ストレス社会と言われる昨今では、自律神経が乱れてる方が多いと言われています。猫のポーズで自律神経の調子を整えましょう。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    ストレスに負けない体を手に入れる「猫のポーズ」

    [1st step]

    まずは基本姿勢を作りましょう♪

    1.柔らかいマットや、布団を用意しましょう。

    2.マット等の上で四つん這いになります

    3.足は腰幅ほどに開き足の付け根の真下に膝がくるようにします

    4.足の甲を寝かせましょう

    5.肩の真下に手首を置き指をしっかりと開いた状態で、肘の内側を中に向けます

    6.顎を軽く引いて、頭頂から腰まで一直線になるようにします

    [2nd step]

    実際に背骨を動かして、効かせて行きましょう♪

    7.吸う息でつま先を立て、尾骨を天井方向に、両胸を前方へ押し出すようにします

    8.吐く息で足の甲を寝かせます

    9.尾骨をマット方向へ向け背骨をゆっくりと丸めて行きます、視線をおへそに向けましょう

    10.息を吸いながらつま先を丁寧に立て、7の状態に持って行きます。

    11.以降7~10を繰り返します。

    自分の呼吸のペースに合わせ1呼吸で1ポーズ行いましょう

    呼吸と共にしっかりと背骨を動かすことで、

    寒さで乱れやすい自律神経の働きも整えます。

    【こんな時】

    起床時や就寝前

    【部位】

    背骨、お腹

    【目指す効果】

    自律神経を整える

    【コメント】アーユルヴェーダ:飯田桃子

    自律神経系などの神経系統は、アーユルヴェーダの観点でいうと、風の質を持つ「ワータ」のエネルギーに関係しています。

    ワータは生命活動において動きを生み出します。

    心臓の拍動や呼吸、筋肉、細胞内の動き全般、神経の伝達もワータのエネルギーによるものです。

    よってワータが乱れると、生理機能全般、心身のバランスが崩れることになります。

    腸にガスが溜まる、便秘ぎみ等の症状はワータが持つ乾燥の性質によるものです。

    また、気分の変調が激しい、不安感がある、不眠である等、精神面に現れることも多く、

    これはワータが持つ動性や不規則性といった性質が影響しています。

    猫のポーズで深い呼吸を意識することでワータのエネルギーがバランスされ、心身の調子が整います。

    自律神経とは交感神経、副交感神経からなりこの二つがバランスよく働く事で健康状態を保っています。このバランスが崩れると心や身体に様々な悪影響を及ぼし、いわゆる自律神経失調症という物になってしまいます。

    呼吸と共に背骨を動かして、ストレス解消、心も身体も健康になりましょう♪

    注意事項

    ※正しく行うと健康保持・増進のための有用な習慣を身につけることができます。その反面、指導者がいないと我流になり有害事象を生じやすくなります。無理をせずに、特に持病などをお持ちの方は医師や指導者に伝えてから始めましょう。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード