脚の筋肉を鍛えて代謝アップできる「ねじりのポーズ」
2017-11-26 19:00:00 お気に入り 下半身痩せ

脚の筋肉を鍛えて代謝アップできる「ねじりのポーズ」

今日は、ねじりポーズで代謝を上げていきましょう♪脚は大きな筋肉なので、脚の筋力を使うことで代謝も上がります。筋力を使うことで脂肪を燃やし、しなやかなスッキリとした脚を目指しましょう。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    脚の筋肉を鍛えて代謝アップできる「ねじりのポーズ」

    [1st step]

    1.先ずは足を揃えて、力を抜いて立ちます。

    2.両方のつま先は正面に向けた状態で、息を吸いながら、左足を1m以上後ろに下げます。

    3.左右の骨盤を、水平方向に一直線にそろえます。

    [2nd step]

    2nd stepからは、呼吸を意識しながら行いましょう。

    4.吐く息で、右膝をつま先方向へ膝の真下にかかとが来るまで曲げます。

    5.息を吸いながら、両手を横から大きく回して頭の上で合掌します。

    6.吐く息で、両手を胸元へ下ろしていきます

    7.息を吸いながら、バランスを取りお腹をぐっと引き上げます

    8.吐く息で、体を右側へねじります

    9.次の吐く息で、左肘を右膝の外側へ掛けます

    10.内臓の奥深くへ効かせつつ、肩の力を抜いて右斜め上を見つめます

    11.この状態を3~5呼吸キープしましょう

    右足も同様に、左右交互に行いましょう。

    【こんな時】

    いつでも

    【部位】

    下半身

    【目指す効果】

    足腰強化、ヒップアップ

    【コメント】理学療法士:佐藤崇平

    代謝を上げるためには身体の動きにくい部分の可動性を上げて、筋肉の収縮-弛緩のリズムをスムーズにする事が必要です。

    そこで、重要なのは呼吸です。呼吸は副交感神経を刺激し、身体にリラックス効果を与えます。

    関節、筋肉を柔軟にし、可動性を確保することで、筋肉をより動かしやすくします。

    動かしやすい筋肉は熱量を帯びやすくなるので、代謝が上がることに繋がると考えられます。

    1メートルの歩幅は膝や股関節に負担が大きく、呼吸に集中できない可能性があるため、沈み込む角度には注意してくださいね。

    また、骨盤を一直線に揃えて立てる際には、腰椎が伸び過ぎないように。

    合掌のポーズでは、手を挙げる時に息を吸い、降ろす時に吐くように。

    体の左右の真ん中のラインで深呼吸し、一旦呼吸状態を確認してくださいね(腹式呼吸)。

    また両足を開き筋力を使う事で、年齢と共に落ちてきやすいお尻も刺激され、ヒップアップにも効果があると言われています。

    それでは無理をせずに、各自のペースでゆっくりやってみましょう♪

    注意事項

    ※正しく行うと健康保持・増進のための有用な習慣を身につけることができます。その反面、指導者がいないと我流になり有害事象を生じやすくなります。無理をせずに、特に持病などをお持ちの方は医師や指導者に伝えてから始めましょう。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード