βカロテンの含有量はトップクラスの野菜「にんじん」
βカロテンの含有量はトップクラスの野菜「にんじん」
2017-12-04 08:00:00 お気に入り 知識・雑学

βカロテンの含有量はトップクラスの野菜「にんじん」

私達が日頃口にする食材には体に良い栄養素がたくさん含まれています。しかし、全ての栄養素がまかなえる食材はありません。それぞれの食材に含まれる栄養素や働きを知って、体の中から美しく、健康になりましょう。今回ご紹介するのは「にんじん」です。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    にんじん

    秋が旬のにんじんには、オレンジ色で短い西洋種と、鮮やかな紅色で長い東洋種があります。

    かつては東洋種が主流でしたが、戦後品種改良が進み、現在では西洋種が主流となっています。

    東洋種の代表的な品種には、京料理や正月料理に欠かせない「金時にんじん」があります。

    西洋種の代表的な品種には「五寸にんじん」があり、オレンジ色で五寸(約5cm)程度の長さが特徴です。

    にんじんに含まれる栄養

    にんじんにはβカロテンが豊富に含まれており、その含有量は野菜の中でもトップクラスです。

    しかし、金時にんじんに代表される東洋種は、西洋種ほどβカロテンは含まれていませんが、鮮やかな紅色には、トマトと同じ色素成分であるリコピンが含まれます。

    βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAとなって、皮膚や粘膜を正常に保ち、感染症を予防する働きがあります。

    また、薄暗い場所で視力を保つ働きや、角膜を守る働きがあることから、眼精疲労にも効果があります。

    にんじんのおすすめの調理法

    βカロテンは脂溶性なので、油と一緒にとることで吸収率が高まります。

    また、にんじんにはビタミンCを破壊するアスコルビナーゼという酵素が含まれますが、酢を加えると、その作用が弱まります。酢の物にしたり、ドレッシングをかけて食べるのは、とても理にかなった食べ方なのです。

    尚、にんじんの葉には根よりもカリウムやビタミンC、カルシウムなどが多く含まれています。

    葉にんじんが手に入ったら、油で炒めたり、お浸しにして、栄養を無駄なくいただきましょう。

    こんな悩みに

    • 風邪
    • 目の疲れ
    • シワ
    人気の記事
    ランキング

    注目のワード