快適な睡眠をとるために!温度や湿度が睡眠に与える影響
快適な睡眠をとるために!温度や湿度が睡眠に与える影響
2017-12-13 08:00:00 お気に入り 睡眠

快適な睡眠をとるために!温度や湿度が睡眠に与える影響

睡眠は健康で快適な生活を送るために不可欠ですが、ストレスや不規則な生活・光・音など、いろいろなことに影響を受けやすいのです。これから紹介するのは「温度と湿度」について。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    快適な温度と湿度

    私たち人の眠りは暑くも寒くもない時に安定し、暑かったり寒かったりすると不安定になります。

    そのため、質の良い眠りのためには寝室の温度・湿度に気を付けることが大切です。

    夏の場合は室温26~28℃前後・湿度は60%程度に。冬の場合は室温18~23℃・湿度は50~60%に保つようにすると良いでしょう。

    ただし、快適温度には個人差があり、使用する寝具によっても異なります。

    また、体温は夜中にもっとも低くなるため、夏の場合エアコンをつけたまま寝てしまうと夏風邪などの原因になることがあるので気をつけましょう。

    夏と冬の環境作り

    夏の場合、まずは寝室にこもった熱気を取り、布団やシーツは通気性や吸湿性の良いものに変えましょう。そして、お腹だけは冷やさない格好でベッドへ。

    エアコンなどは風が体に直接あたらないようにし、就寝後2~3時間で切れるようにタイマーセットしましょう。1時間程度で切れてしまうと深い眠りに入る前に暑苦しくなり目覚めてしまうことがあります。

    一方、冬はできれば部屋全体を暖め、寝る前に入浴して体を温め、寝具は湯たんぽや電気毛布などであらかじめ暖めておくとよいでしょう。

    ただし、電気毛布は布団の中に入ったら切ります。一晩中使うのは肌を乾燥させ、体温調節にも良くありません。

    気をつけてほしいのは夜中のトイレです。温かい布団から急に寒くなると、目が覚めてしまうだけでなく、高齢者の場合は心臓の負担に。

    トイレによく行く人はトイレの温度にも気を配ることが必要です。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード