低脂肪・低カロリー・高タンパクな食材「いか」の特徴や調理法
低脂肪・低カロリー・高タンパクな食材「いか」の特徴や調理法
2018-05-08 08:00:00 お気に入り 知識・雑学

低脂肪・低カロリー・高タンパクな食材「いか」の特徴や調理法

食材に含まれる栄養や、調理法についてご紹介します。今回は「いか」について。いかは、低脂肪で低カロリー、高タンパクの優れた食品です。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    いかの特徴

    いかには様々な種類がありますが、日本で一番多く獲れるのは「するめいか」です。

    するめいかはコクのある甘みが特徴で、その味わいを生かした、いかそうめんが特に有名です。

    他にも、上品な甘みの「やりいか」、肉厚で甘みがあり加熱しても柔らかい「こういか」や「もんごういか」、むっちりして肉厚の食感が特徴の「あおりいか」など、それぞれ味や食感に特徴があります。

    旬があいまいで、一年を通じて何かしらのいかを食べることが出来ます。

    いかの栄養

    種類が違っても共通しているのは、低脂肪・低カロリー・高たんぱく質の優れた食材であることです。また、アミノ酸の一種、タウリンを豊富に含み、魚介類ではトップクラスの含有量です。

    タウリンは、胆汁酸の分泌を促して、コレステロールの上昇を抑える働きや、肝臓内で有害物質を無毒化して胆汁内に排泄する働きがあり、肝機能の強化に効果を発揮します。

    また、亜鉛や、ナイアシン、ビタミンEも豊富です。内臓まで丸ごと食べるほたるいかには、ビタミンAやビタミンB群が豊富に含まれているため、眼精疲労や肌荒れに効果的です。

    いかの調理法

    いかは火を通しすぎると固くなってしまうので、加熱する場合は、短時間で手早く調理しましょう。また、水分を多く含むので、揚げる場合は水けをしっかりふき取ってから調理しましょう。

    こんな悩みに

    • 頭痛
    • 肩こり
    • 目の疲れ(ほたるいか)
    ランキング

    注目のワード

    ダイエット記事を毎日無料で配信! @diet

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    ストアでインストール ストアでインストール
    ダイエット記事を毎日無料で配信!

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!
    1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    Download on the App Store GET IT ON Google Play