寝苦しい夏の夜に寝るテクニック!夏の快眠法!
寝苦しい夏の夜に寝るテクニック!夏の快眠法!
2018-08-22 08:00:00 お気に入り 睡眠

寝苦しい夏の夜に寝るテクニック!夏の快眠法!

寝苦しい夏にしっかりと睡眠をとるためにできる工夫についてお伝えします。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    通気性のよい寝具を

    夏に特に問題になるのは、湿度の高さ。蒸し暑い夜は、80%を越えることもあります。

    湿度が高いと寝返りが増え、深い眠りが得られません。

    そんなときには、通気性にすぐれた涼しい寝具を使いましょう。

    イグサや竹などでできたシーツは、適度な硬さがあり、体と布団が密着しないため、涼しく眠れます。

    触ったときの感触がヒンヤリとしている麻のシーツやパッド、パジャマもおすすめです。

    抱き枕は、脇の下や膝の間にすき間ができるので、通気性が良く、涼しく眠れます。

    抱き枕は、東南アジアで夏の涼をとる工夫として、竹で筒状に編んだものが作られたことが起源といわれています。

    頭を涼しく保つ

    頭寒足熱と言われるように、頭が涼しいと眠りやすくなります。

    ある調査によると、頭と足元の温度差が4度のときが快適に眠れるという結果がでています。

    夏以外の季節は、からだ全体に布団をかけて、頭は外に出ているため、自然に頭寒足熱の状態に保たれています。

    夏は足が布団から出ていることも多く、頭と足元の温度差が少ないため、頭を冷やすと眠りやすくなります。

    冷蔵庫で冷やしたタオルをポリ袋に入れ、後頭部に当たるように枕の上に置いて試してみてください。

    枕用のジェルを使うのもよいでしょう。

    扇風機を活用

    エアコンや扇風機をうまく活用して、温湿度をコントロールしましょう。

    冷房が苦手な人は、扇風機を天井に向けて、風がからだに直接当たらないように気をつけます。

    一番弱い風速で首振りにし、部屋の空気全体をゆるやかに動かしましょう。

    風が皮膚の表面を通るときに熱をとってくれるので、体感温度が下がり、途中で目覚めにくくなります。

    できれば“1/fゆらぎのリズム”の風だと、自然の状態に近いので、からだに負担がありません。

    また、寒いと感じたときには、すぐに止められるように、リモコンつきのものが便利です。

    ランキング

    注目のワード