20代半ばを過ぎたら実践したい肌年齢を5歳下げるためのスキンケア
20代半ばを過ぎたら実践したい肌年齢を5歳下げるためのスキンケア
2018-10-27 08:00:00 お気に入り 老廃物

20代半ばを過ぎたら実践したい肌年齢を5歳下げるためのスキンケア

20代半ばを過ぎると、それまでに比べて皮脂の分泌や肌の角質水分量が減少し、肌の乾燥が気になるようになります。年齢とともに変化する肌の状態にあった適切なスキンケアで、肌年齢を加速させないようにしましょう。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    20代半ばを過ぎると“お肌の曲がり角”

    20代半ばを過ぎると、それまでに比べて皮脂の分泌や肌の角質水分量が減少し、肌の乾燥が気になるようになります。

    いわゆる“お肌の曲がり角”を実感するのがこの時期です。

    今までのスキンケアが肌に合わなくなることも多いので、肌の状態をみきわめて、あらためてスキンケアを見直す必要があります。

    とにかく保湿

    まずは、保湿を重視するようにしましょう。保湿力の高い、良質なクリームなどでしっかり乾燥を予防します。

    肌のターンオーバーも低下し始めるため、肌がごわつきがちになります。保湿をしっかり行って、肌をやわらかく保ちましょう。

    部分的に乾燥が気になる場合は、乾燥する部分はクリーム、その他の部分は乳液、というように使い分けてもよいでしょう。

    洗いすぎに要注意

    30歳を過ぎると、肌の油分と水分量はさらに低下して乾燥が進み、小じわ、くすみ、キメの乱れが目立つようになることも。

    肌老化を感じ始めたら、深刻化する前に早めの徹底ケアが大切です。保湿力の高いアイテムで、さらに保湿を意識したスキンケアを心がけましょう。

    乾燥しやすい頬やフェイスラインなどは、クリームの重ねづけで乾燥を防ぎます。この時期の乾燥は、”洗い過ぎ“も原因となることがあるので注意が必要です。

    洗浄力の高い洗顔料は、皮脂を取り過ぎて肌荒れの原因となることがあるので控えましょう。

    クレンジング剤は、肌にやさしいミルクタイプやクリームタイプのものがおススメです。

    ストレスも肌に影響を及ぼす

    30代ともなると、さまざまなストレスにさらされがちで、肌にも影響が及びます。

    口周りにできる”オトナのにきび“は、ストレスによるホルモンバランスの乱れがおもな原因です。

    また、両頬などにできる「肝斑」というシミも、ストレスが関与していると言われています。

    ストレス対策も、肌トラブルを予防するためには重要です。

    リラックス効果が得られる香り成分の入っているコスメなどもありますので、試してみてもよいでしょう。

    肌をさびさせない工夫

    30代後半は、シワやたるみなどの肌老化が進み、これらがもはや気のせいではなくなる年代です。

    これまで気にならなかった紫外線や摩擦などの刺激にも弱くなり、あらゆる肌トラブルも起こりやすくなります。

    肌年齢を加速させないようにするためには、”肌のさび“を防ぐことが大切です。

    肌のさびは、活性酸素による酸化が原因。活性酸素による肌のさびを防ぐために、酸化を防ぐ“抗酸化力”を持った栄養素を十分に摂るようにしましょう。

    強力な抗酸化力を持つビタミンC(ブロッコリー、じゃがいも、レモン、イチゴなど)、若返りビタミンと言われるビタミンE(カボチャ、アボカド、ごま、アーモンドなど)、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテン(にんじん、にら、トマト、ほうれん草など)を毎日の食事で取り入れ、体の内側から抗酸化力を高めるようにします。

    年齢とともに変化する肌の状態にあった適切なスキンケアで、肌年齢を加速させないようにしましょう。

    ランキング

    注目のワード

    ダイエット記事を毎日無料で配信! @diet

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    ストアでインストール ストアでインストール
    ダイエット記事を毎日無料で配信!

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!
    1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    Download on the App Store GET IT ON Google Play