インナードライ肌ってなに?肌を傷める夏のNGスキンケア4つ
インナードライ肌ってなに?肌を傷める夏のNGスキンケア4つ
2019-07-17 08:00:00 お気に入り

インナードライ肌ってなに?肌を傷める夏のNGスキンケア4つ

ちょっと外出しただけでも、じんわりと汗ばむ季節がやってきました。肌のべたつきや毛穴の開きが気になってきますね。でも、エアコンや強い紫外線の影響で、実は肌の内部では乾燥が進んでいることも。表面はべたついていても、内面はカサカサに乾燥している「インナードライ肌」になっている人は少なくありません。インナードライ肌を放置していると、肌荒れやシワなどを招いてしまうことも。ここでは、そんな肌トラブルを引き起こしてしまう、夏のNGスキンケアを4つご紹介しましょう!

アナタにおすすめ
    続きを読む

    パターン① 洗顔をし過ぎる

    汗をよくかく夏は、入念に洗顔をしたいものですが、洗顔のし過ぎで肌本来のうるおいが奪われると、乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されてべたつきの原因になってしまいます。ゴシゴシ洗いも肌を傷めてしまうので禁物。

    パターン② あぶらとり紙を頻繁に使う

    顔の脂浮きを抑えるのに便利なアイテムですが、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことも。皮脂が不足すると、それを補うためにさらに皮脂が分泌され、さらなるべたつきを招いてしまいます。

    脂浮きが気になる時は、ティッシュを使って軽く押さえるようにしましょう。そうすれば、皮脂を過剰に取りすぎることもありません。

    パターン③ 日焼け止めはSPFやPAが高いものを使う

    紫外線対策は重要ですが、強力な日焼け止めは、肌への負担が大きいものもあります。場所や時間帯にもよりますが、一般的に買い物や通勤など日常使いでは、SPFは10程度、PAは+程度でよいでしょう。

    数値の高いものを塗りっぱなしするよりも、数値の低いものをこまめに塗り直しをする方が、肌への負担も少なく、紫外線予防効果も高まります。

    パターン④ 保湿ケアをしない

    べたつきが気になる夏は、つい保湿ケアを怠りがち。でも、エアコンや紫外線の影響で夏の肌は思ったより乾燥しています。

    保湿ケアをしないと、肌のうるおいが不足し、それを補うために皮脂が過剰に分泌され、インナードライ肌を加速させてしまいます。

    暑い夏でも化粧水でしっかり肌を潤し、乳液などでの保湿を心がけるようにしましょう。

    いかがでしたか?正しいスキンケアを身につけて“うるツヤ肌”でこの夏を乗り切りましょう!

    ランキング

    注目のワード