ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方
ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方
2013-11-05 08:00:00 お気に入り ウォーキング

ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方

ダイエットに効果的なウォーキングも正しい歩き方でないと効果が台無しに!痩せるために良いとされている歩き方と、できれば避けたい悪い歩き方をご紹介します。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    ウォーキングの効果

    ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方-01

    現在、日本ではウォーキングブーム。その数は右肩上がりで人口の半数近くの人が実践しているというデータがあります。

    そこで気になるのが、正しいウォーキングができているかどうか。あなたは正しいウォーキングができていますか??

    ウォーキングの効果として下記のような点があげられます。

    • 1.脂肪燃焼
    • 2.血行促進
    • 3.生活習慣の予防や改善
    • 4.持久力の向上
    • 5.筋肉の老化を防ぐ
    • 6.丈夫な骨を作る
    • 7.ストレス解消

    これらの効果を得るためには、正しいウォーキングをする必要があります。

    効果半減の悪い歩き方

    ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方-02

    理想的なスピードの目安は、女性が時速約6キロメートル。男性で約7キロメートル。1秒間に2歩程度。息が弾むが人と会話ができるくらいのスピード。

    このスピードはジョギングよりも多くの脂肪を燃焼する事ができ、脈拍数も安定します。

    ここで注意したいのが、効果を早く得たいからといってペースをあげること。これはウォーキング初心者の人に多く見られる傾向ですが、ペースを上げても効果は変わらず、逆に膝や腰を痛めてしまいウォーキングができなくなってしまう場合も…。

    また、着地をするときに膝が外側を向いていると膝への負担が大きくなるので、膝やかかとの位置にも注意して行って下さい。

    効果の高い良い腕ふり

    ウォーキングで痩せる!ダイエットに良い歩き方・悪い歩き方-03

    腕ふりが悪いと背中周りや肩の筋肉が上手く使えず、せっかくウォーキングをしていても効果が半減してしまいます。ひどい場合は肩こりの原因になることも。

    まず正しい腕ふりは、前だけでなく後ろにも十分引いて行うことがポイントです!背中、肩の筋肉を上手く使えるため、血流アップや肩こりの改善にもなります。

    次に、ひじは速度によって曲げ伸ばしを使い分ける事もポイントです!速度が遅いときは肘を伸ばしたままで、早くなるにしたがって自然に曲げていくのが理想的です。

    正しい腕ふりでウォーキングを行うと、姿勢がよくなり、カロリー消費が約10%アップし、脂肪燃焼効果が高いので、必ず正しい腕ふりでウォーキングを続けてほしいと思います。

    ランキング

    注目のワード