読むだけで痩せる!?ダイエットの常識6個
読むだけで痩せる!?ダイエットの常識6個
2014-10-17 08:00:00 お気に入り 知識・雑学

読むだけで痩せる!?ダイエットの常識6個

テレビやインターネットでは様々なダイエットの情報が溢れています。その中で本当に正しいものを見極めるために、ダイエットの正しい知識を学んでおきましょう。ダイエットの常識を6パターンご紹介します。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    ダイエットの不思議な魔法

    『ダイエットしたい!!』と思った瞬間から、多くの人はまるで魔法にでもかかったかのように思考回路に変化が起こってしまいます。

    常識に照らし合わせて考えてみれば『それは変だよ』とわかることでさえ『とにかく試さなくちゃ!!』と思ってしまうようです。

    誤った情報や流行に惑わされたり、ダイエットの不思議な魔法にかかったりしないようにするためにも、正しいダイエットの常識を身に付けましょう♪

    ダイエットの常識① カロリー最重視をやめる

    ダイエット期間中だけにかかわらず、カロリー最重視の食生活を見直しましょう。

    カロリーはあくまでも目安であって、調理法や食べる人の体内環境によって摂取したエネルギーの消費量が大きくかわってきます。そうでなければ『痩せの大食い』は存在しません。

    ダイエットの常識② カロリーよりも食べ合わせ

    摂りいれた栄養素をいかに上手にエネルギーに代えるかがダイエットの大きな鍵です。

    糖質が気になる場合は【ビタミンB1】、脂質が気になるなら【ビタミンB2】、コレステロールが気になるなら【オレイン酸】を積極的に『食べ合わせ』ましょう。

    ダイエットの常識③ お肉のコレステロールは意外に低い

    『お肉はコレステロールが多い』と思っている方が大変多いのですが、例えば豚ロース肉(脂身付)の場合、同じ100gで換算すると実はなんと!

    桜海老の1/10程度のコレステロールしかないのです。豚肉の脂身には特に【オレイン酸】が豊富に含まれますので、脂身を食べることによってコレステロールはさらに下がるのです。

    ダイエットの常識④ 体温36.5度以上が痩せやすい

    体温が低い人は、脂肪燃焼力も低いのです。もしあなたが低体温であるならば、筋肉を付けることがダイエットの近道です。

    お肉やお魚等の動物性のたんぱく質を摂取し、適度な運動を行いましょう。プールに入るならば、あなたの平熱よりも高い温度の水温でなければダイエットには逆効果です。

    ダイエットの常識⑤ 甘いもの抜きはダイエット失敗率が高まる

    糖質は人間の身体になくてはならない必須栄養素です。糖質を摂らないでいると、骨や筋肉をブドウ糖に変えて生命を維持しようと緊急指令が脳から送られます。

    筋肉がなくなれば、必然的に脂肪がつきやすいカラダになってしまいます。『糖質の上手な摂取』がダイエット成功の鍵です。

    ダイエットの常識⑥カルシウムで脂肪の吸着を阻止

    カルシウムは脂肪の吸着を阻害する働きがあります。カルシウムを積極的に摂取するとダイエット効果が高まるだけでなく、ダイエット中の精神の安定にもつながります。クエン酸を食べ合わせれば吸収力もUPします。

    ランキング

    注目のワード