トマトを夜に食べるだけ?夜トマトダイエットの驚くべき効果とは!?
トマトを夜に食べるだけ?夜トマトダイエットの驚くべき効果とは!?
2015-06-08 08:00:00 お気に入り

トマトを夜に食べるだけ?夜トマトダイエットの驚くべき効果とは!?

夜トマトダイエットとは、文字通り夜にトマトを食べて痩せるというダイエット方法です。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    夜トマトダイエットの4つのルール

    • ①夕食と一緒にトマトを必ず摂取する
    • ②効果が出るのは最低でも3ヶ月~。6ヶ月以上続けるのが理想的
    • ③暴飲暴食、睡眠不足、偏食を避けて規則正しい生活を送る
    • ④リコピンを1日15mg以上摂取すること

    ※生で食べるなら大2個又はミニトマト17個/トマトジュースなら700ml~1L/詰ならホールトマト缶で1缶弱

    夜トマトダイエットのメリット

    ヨーロッパでは『トマトが赤くなると医者が青くなる』と言う諺がある程に、トマトの栄養素が人体に与える効果・効能は非常に高いものです。

    この夜トマトダイエットではその中のリコピンや食物繊維を利用して腸内環境を整え、基礎代謝を上げてダイエット効果を期待するものです。

    またトマトにはリコピンの他にビタミンA、Cなどの【抗酸化作用】を含む栄養素や、体内の水分調整を図るカリウム、脂肪の代謝を助ける働きがあるビタミンB6も含まれていますのでダイエットにもアンチエイジングにも有効と言えるでしょう。

    夜トマトダイエットのデメリット

    夜トマトダイエットの4つのルールの④で具体的な摂取量(生で食べるなら大2個又はミニトマト17個/トマトジュースなら700ml~1L/詰ならホールトマト缶で1缶弱)を示した通り、夜だけの食事で多量のトマトを毎日、更に6ヶ月もの期間摂取することはかなり困難を極めるでしょう。

    これだけの量のトマトを摂取すれば、恐らく満腹になり他の食材を取り込むとこが出来ない可能性があります。栄養の偏りには充分に注意しましょう。

    また、トマトは夏野菜ですから身体を冷やす効果があります。夜に生のトマトを多量に摂取することはお勧めできません。

    加えて、長期間に多量のトマトを毎日摂取することによるストレスや『トマト嫌いになる』などの悪影響も報告があげられているのも事実です。

    夜トマトダイエットを有効にする5つのポイント

    ①トマトは加熱調理して食べるのがよいでしょう。加熱することにより身体への負担を軽減するだけでなく、リコピンの吸収率を3~4倍にUPさせてくれます。

    ②トマトに含まれるビタミンの主なものは油脂と一緒に摂取することにより身体に吸収されますので、サラダならマヨネーズやオイルドレッシングを、調理するなら豚肉やオリーブをあわせることをおススメします。

    ③トマトに含まれるビタミンB6は、牛乳や乳製品や大豆(大豆加工品)などと食べ合わせることにより、ダイエットで不安定になりがちなココロもケアしてくれますので積極的にそれらを取り入れましょう。

    ④『これを食べれば必ず痩せられる!』などと言う魔法のような食材は残念ながら存在しません。

    トマト以外の食べ物もしっかりと摂取し、栄養の偏りの無いように心がけましょう。

    ⑤健康なココロとカラダがあった上でのダイエットですから、くれぐれも過度なストレスや無理を続けないように適宜加減しましょう。

    ランキング