2日間の短期間でできるヨーグルト断食ダイエットとは?
2日間の短期間でできるヨーグルト断食ダイエットとは?
2015-10-19 08:00:00 お気に入り 断食

2日間の短期間でできるヨーグルト断食ダイエットとは?

ヨーグルト断食ダイエット、正式には『ヨーグルトプチ断食ダイエット』と言います。2日間ヨーグルトと水だけを摂り、体に溜まった毒素を出すことを目的としたダイエット方法のことです。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    なぜヨーグルトなの?

    ヨーグルトには身体の維持に必要なビタミン、ミネラル、たんぱく質等がしっかりと含まれていますので、単品だけしか摂らないダイエットとは違って筋肉を落とすことや、リバウンドを招く心配もなく気軽に行えます。

    また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌を摂ることで善玉細菌を増やし、腸内の環境を整える効果が大きいというメリットもあります。

    ヨーグルト断食ダイエットの落とし穴

    一般的に胃腸は48時間で空っぽになります。この2日間に限定して行うダイエットなのですが、『痩せたい!』と思う気持ちから長期にわたって行ってしまうケースが多く、体調を崩したり、他の食品を摂らないことの影響から【食物アレルギー】を招いたりする例も報告されています。

    あくまでも2日間という短期で行うことにより効果を発揮するダイエット法であることをお忘れなく。

    ヨーグルト断食ダイエットを成功させる3つのポイント

    POINT①

    このダイエットを実施するなら学校や仕事が休みの日を選び、なるべく活動もセーブしてココロもカラダもゆったりとした2日間を過ごしましょう。

    POINT②

    空腹のストレスを軽減するためには、脳に【食べた】という信号を送るのが大切です。ヨーグルトは多少の咀嚼を必要とする固形のものを選び、6時間程度の間隔を空けてゆっくり食べましょう。

    ヨーグルトは必ず砂糖入りで、食べきりサイズに小包装されたものを用意します。1回の摂取量は、カップ1個、飲むヨーグルトなら1本程度です。

    POINT③

    水分の補給を忘れずに。おススメは胃腸の状態をよくして満腹感も得られる炭酸水。1日1.5~2L位を目安にしましょう。

    糖分の補給が鍵!ジャムが力を発揮します

    『ダイエットに糖質は禁物!』と思っていませんか?それは大きな間違いです。糖質を摂らないと【脳】が栄養不足になってしまい、ココロにもカラダにも正しい指令を送ることが出来ません。

    ダイエット成功の鍵は、上手な糖分補給です!ヨーグルト断食ダイエットに有効な【食べ合わせ】はジャム!ジャムに含まれる【ペクチン質】は腸内の乳酸菌を増やしたり、有害物質の排泄を促したりするなど沢山の効果があります。

    この機会に色々な味のジャムを楽しんでみてはいかがでしょう?1回の摂取量は、ヨーグルト1個に対してティースプーン1杯程度です。

    人気の記事
    ランキング

    注目のワード