3ヶ月間に4回断食!長期間でじわじわ痩せる「断食ダイエット」
3ヶ月間に4回断食!長期間でじわじわ痩せる「断食ダイエット」
2016-02-18 08:00:00 お気に入り 断食

3ヶ月間に4回断食!長期間でじわじわ痩せる「断食ダイエット」

3ヶ月でやせるための断食ダイエット。時間と覚悟を決めてしっかりシェイプアップしましょう。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    3ヶ月間断食ダイエットとは?

    3ヶ月間で4回の断食を行う長期ジワジワ型のダイエットです。期間内に『10年後も変わらぬカラダ』となるように食事の考え方も併せて学んでしまいましょう。

    3ヶ月間の断食ダイエットを実施するのは『流行のダイエットに何度もチャレンジしているけどうまくいかない』『あの頃に戻りたい』『歳を重ねても綺麗でいたい』等という方におススメです。

    3ヶ月間断食ダイエットを始める前に

    以下の10個全てにあてはまれば実施可能です

    • ①『絶対に成功したい!!』という揺るぎない気持ちがある
    • ②ダイエット後の理想のBodyを描ける
    • ③痩せ急がずにじっくりとチャレンジすることができる
    • ④1ヶ月の体重の減少は現体重の5%未満を目標とすることを守れる
    • ⑤健康状態が良好である
    • ⑥薬の常用がない状況である
    • ⑦食事、飲み物など医師からの制限を受けていない状況にある
    • ⑧3ヶ月間ダイエットのプログラムに従える状況にある
    • ⑨ダイエットの効果は個人差があることを理解できる
    • ⑩カフェオレが飲める(コーヒーが苦手な場合はティーオレでもOK)

    3ヶ月間断食ダイエットの予備知識

    ダイエットの成果には必ず個人差があります。これまでの太った経緯も違うのですから、痩せていく経緯も違って当たり前なのです。あせらずにじっくり挑戦しましょう。

    食事制限で1ヶ月間に現体重の5%以上を減らすとリバウンドしやすいカラダを作ることにつながります。

    見せ掛けの大幅な体重の減少は、著しい筋肉の低下や内臓力のDOWNにつながるものであり、その場合、体脂肪率がUPするなどの残念な結果を引き起こす場合も多いことを理解しましょう。

    長期に亘るダイエットの場合、体重が減少しにくい期間が発生する場合が多く見られます。体重の減少よりも脂肪燃焼力をUPさせることに注力することがポイントです。

    カロリーよりも食事量に注目!利に適った【食べ合わせ】の基礎も習得しましょう。

    ダイエットに大切なのは『知力!体力!内臓力』です。消化器系の働きをUPさせて寝ている間にもダイエットできるカラダを目指しましょう。

    ココロのストレスはダイエットの大敵です。リラクゼーションを図ったり、期間内に2回くらいはハメをはずして潔く大食いに走ったりするのも良いでしょう。

    ダイエットの概要

    ①3ヶ月(12週間)のうちに断食は全部で4回、3週間に1度の割合で行います。

    1回目にはグンと体重が落ち、その後次第に減量の幅が小さくなるのが一般的です。

    ②1回の断食は、3日間。準備日、実施日、後日(あとび)となります。

    必要な栄養、特に糖分を摂取しながらの断食なので空腹による過度な苦痛はなく、比較的安易に体重を落とすことができるでしょう。

    ③腹八分目を鉄則として通常の生活を送ります。

    断食期間以外は通常通りの生活をすごしますが、食事の量だけは通常の8分目を必ず守りましょう。

    また、その際、米だけを減らすのではなくおかず、デザートも8割が鉄則です。揺るぎない気持ちで、いかなる言い訳も許してはいけません。

    ダイエット体重の設定とスケジューリング

    ①ダイエット体重の計算

    ①現在の体重を測定する

    • →手帳等に記入する
    • 機能があれば体脂肪率の測定→手帳等に記入する

    ②ダイエット可能体重の算出

    現体重×0.05→手帳等に記入する

    ③ダイエット体重の設定

    ②で算出したダイエット可能な数値内で目標を決める

    ②スケジューリング

    • ①手帳を確認しながら、3日間連続して安静状態で1日を過ごせる日を、隔週で1回ずつ決める
    • ②決めたそのスケジュールを最優先に1ヶ月を過ごす

    断食期間の過ごし方

    4回の断食Day以外は特別な食事制限はありませんが、ダイエット期間であることを強く意識し、食事はデザートも含め腹八分目にし、間食は控えて3ヶ月間を過ごしましょう。

    特に1回目の断食で成果が出ることが多く、その後の油断で食事の量が多くなる人が多い様ですので、充分に留意してください。

    断食ダイエットのやり方

    次に上げる『3ケ月間断食ダイエット~断食の準備と実施~』の手順で3ヶ月、計4回の断食の実施を繰り返します。

    各回、1日目は夜からスタートですので、日中は暴飲暴食を避け、通常のまま過ごしてください。

    3ヶ月間の食事

    この断食は、期間中を通してダイエットと同時に『太りにくいカラダを』作ってしまおうとするものです。

    ①全4回の断食期間は、カフェオレを摂取することで三大栄養素【糖質】【脂質】【たんぱく質】と【アミノ酸】そして水分を補給し、消化器を働かせながら行うココロとカラダに優しいダイエットです。

    特に【糖質】の上手な摂取はダイエットを成功へと導く大きな鍵となります。著しい空腹を感じる前にチョコレートやキャンディーなどを一粒口にして、血糖値の急激な変化を起こさせないようにしましょう。

    ②お肉を食べなきゃ痩せられません!牛肉は男女共にホルモンのバランスを整え、豚肉の脂質はコレステロールを抑える働きがあり、鶏肉の皮はコラーゲンがたっぷりでアンチエイジング効果が絶大ですから、万遍なく摂取しましょう。

    ③野菜サラダよりも、栄養を余すところなく体内に取り込める『野菜スープ』『野菜の煮物』や『野菜のお味噌汁』をメニューに加えましょう。

    緑黄色野菜ならば油脂と一緒に炒めてから水で煮るような作り方ものが有効です。

    ④ビタミンはカラダを動かす為の潤滑油です。

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンKを積極的に食べ物から摂取しましょう。

    ⑤カロリーよりも【食べ合わせ】が大事です。お酒(糖質)を飲むならビタミンB1を合わせて食べる。

    お肉(脂質)を食べるならビタミンB2です。それぞれの栄養をエネルギーに代える力をUPさせてくれます。

    お米にはその両方が含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

    また、コラーゲンを食べるならその合成に不可欠なビタミンCを食べ合わせましょう。歯や骨の形成や強化にはビタミンDです。

    ⑥ダイエットに有効なミネラルをたっぷりと摂取しましょう。

    カルシウムは脂質の吸着を阻害し、マグネシウムはそのカルシウムの働きを手伝います。カリウムはむくみの予防、鉄分貧血や冷え性の予防に効果絶大です。

    ⑦①~⑥を実践するためには、外食をなるべく避けてひと手間かけた家庭料理を作ることが好ましいでしょう。

    料理を作ると『作っただけでお腹が一杯になる』などと言われるくらいに、その過程が満腹中枢を刺激する効果も期待できます。

    10年後も変わらぬカラダの為に

    ダイエット期間終了後に最も大切なのは『手に入れたカラダを維持すること』です。

    日々の生活で時には太ってしまうこともありますが、2キロ以内であればこの断食ダイエットを1回行うだけでリセットが可能です。

    10年後も変わらないカラダを維持する為には、自分自身のカラダの変化にいち早く気づき、『太りすぎないこと』『小さな変化のうちにリセットしてしまうこと』を心がけてください。

    【早期発見・早期修復】が10年後のあなたを美しく輝かせてくれるでしょう。

    ランキング

    注目のワード