「食べ過ぎた」と思った48時間以内になかったことにするダイエット
「食べ過ぎた」と思った48時間以内になかったことにするダイエット
2016-03-04 08:00:00 お気に入り リセット術

「食べ過ぎた」と思った48時間以内になかったことにするダイエット

暦の上ではもう春だというのに一向に衰えない食欲。このままでは薄着の季節が絶対絶命の危機に。そこで今回は「食べ過ぎた」と思ったら48時間以内になかったことになる!?即実行ダイエットです。ダイエットの近道は太りにくいカラダを育むことです。この季節のみならず年間を通して実行できる方法をご紹介しましょう。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    脂肪燃焼力をUPさせる

    食事中に『食べ合わせ』に気を遣って栄養素を摂取することはもちろんですが、食後にも簡単にできる技あり!!

    • その①ホットコーヒーを飲みましょう
    • その②ホットコーヒーの後に更に温かい緑茶を飲むことで、コーヒーの効果を持続させましょう

    ゆったりと過ごす

    食後はさっさと台所仕事を終えたいところですが、そこは我慢です。

    30分程のゆったりとした時間を過ごすことにより、脳にα波がる状態の時にはとてもリラックスして“ストレスフリー”の状態になりますね。

    そうすることで、血行や消化活動を促進することができます。消化活動は基礎代謝もUPさせてくれます。

    • その①食後のティータイムを楽しみましょう
    • その②ソファーなどに身をゆだねましょう
    • その③好きな香りのアロマキャンドルなどを焚いて気分をよくしましょう

    カラダを温める

    カラダが冷えてしまうと血行も良くなくなり、消化力のダウンにつながります。もちろん冷たい飲料も避けるのが鉄則です。

    • その①寒い時期はヒーターや床暖房、こたつやホットカーペットなどで足元をよく温めましょう。
    • その②夏は室内の温度を下げ過ぎないように気を遣いましょう
    • その③段階圧縮サポートソックスなどを活用しましょう

    身体を横にする

    もしも胃に違和感があったり、ムカムカしたりするなどの症状があった場合は、すぐに横になりましょう。

    その際には身体の右側を下にして横たわり、食べ物の流れをスムーズにして消化を助けてあげるとよいでしょう。

    ゆっくり眠る

    質のよい睡眠をとることは【太りにくいカラダ】への基本です。

    睡眠中も消化活動は行われますが、その際に胃に沢山の食べ物があると多くの負担がかかり、睡眠の質が下がってしまいますので気を付けましょう。

    • その①食後3時間位は就寝を避けましょう
    • その②ゆっくり眠る為には、湯船にしっかりと浸かってカラダを温めましょう
    • その③楽しい食事をしてココロを豊かにしましょう

    次の食事に気をつける

    食べ過ぎてしまったのですから、平常に戻すための“リセット”が必要ですね。これがとても大切ですので、即実行!!あるのみです。

    • その①お腹が空かないのに『食事の時間だから…』と言って無理に食事を摂らないようにしましょう
    • その②ふくれたお腹を戻すには、栄養を固形物で摂取しないようにしましょう
    • その③便通を良くする食べ物を積極的に摂取しましょう
    人気の記事
    ランキング

    注目のワード