眠るだけで痩せちゃう!?睡眠とダイエットの深い関係
眠るだけで痩せちゃう!?睡眠とダイエットの深い関係
2017-05-25 08:00:00 お気に入り 知識・雑学

眠るだけで痩せちゃう!?睡眠とダイエットの深い関係

睡眠不足だとやる気も食欲もなく、やせ細っていきそうなイメージはありませんか?しかーし、実は反対なのです!眠るだけで痩せちゃう!?睡眠とダイエットの深い関係をご紹介します。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    眠らないと太る

    アメリカで行われた実験結果によると、睡眠時間が短いと、グレリンという食欲を増進させるホルモンが増えるうえ、満腹感を脳に伝えて食欲を抑制するレプチンというホルモンが減ることがわかりました。

    さらに睡眠不足になると、野菜や果物よりも、ケーキやポテトチップス、パンなどといった、高カロリーで高炭水化物に対する食欲が増加しました。

    食欲が抑えきれなくなるだけでなく、太りやすい食べ物を好み、体重増加に拍車をかける結果となったのです。

    成長ホルモンが脂肪を燃やす

    眠り始めの深いノンレム睡眠時に多量に分泌される成長ホルモン。

    このホルモンは、肌の再生以外にも、脂肪の利用率を上昇させる働きがあります。減量に効果的なことから、成長ホルモンは抗肥満ホルモンとも呼ばれます。

    ぐっすり眠って成長ホルモンをたくさん分泌させることは、実はダイエットにもつながっていたのです。

    朝型を目指そう!

    日本で行われた実験では、朝型時間の朝7時、午後1時、午後7時に食事をとった場合より、夜型時間の午後1時、午後7時、午前1時に食事をとるほうが、食後の発熱量が少ないことが分かっています。夜型はエネルギー消費量が少ないため、太りやすくなるのです。

    また、明け方に分泌が高まるコルチゾールにもうれしい働きが。睡眠中は、外からエネルギー補給することができないので、コルチゾールが体内に蓄えられたブドウ糖の固まりや脂肪を分解して、エネルギーに変えるのです。

    ただし夜遅くに栄養をとると、エネルギーを生み出す必要がなくなり、蓄積された脂肪が使われないので注意して。眠りをダイエットに生かすコツは、朝型、適度な睡眠時間、成長ホルモンを促す、です!

    ランキング

    注目のワード

    ダイエット記事を毎日無料で配信! @diet

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    ストアでインストール ストアでインストール
    ダイエット記事を毎日無料で配信!

    アプリで@DIETがもっと快適に

    通勤通学・お昼休憩・就寝前など、ちょっとした時間に読めるダイエット記事盛りだくさん!
    1日1分読むだけで驚異のモテスリム体型はあなたのもの!

    Download on the App Store GET IT ON Google Play