朝が苦手で起きられない時の寝起きストレッチ①呼吸法
朝が苦手で起きられない時の寝起きストレッチ①呼吸法
2017-05-26 08:00:00 お気に入り ストレッチ

朝が苦手で起きられない時の寝起きストレッチ①呼吸法

朝が苦手で起きられない…。身体の疲れが抜けない。そんな方におススメなのが「朝ストレッチ」。まずは朝ストレッチを始める前に行うウォーミングアップの呼吸法についてご紹介します。

アナタにおすすめ
    続きを読む

    ウォーミングアップの呼吸法

    目標回数:10回の呼吸

    ピラティスでよく行う胸式呼吸は胸と背中に呼吸を入れる事によって、背中から肩、胸の筋肉をゆっくり目覚めさせます。

    また、空気を沢山肺に入れる事によって酸素の運搬能力向上につながり、普段行き届いていない毛細血管に血液を促す事により血行促進が期待できます。朝一番のウォーミングアップにお勧めです!

    ①ベットの上にあお向けになり、膝を90°にします。

    ②胸式呼吸を行います。肩の力を抜き肋骨に手をあてて、お腹をベットに深く沈めたまま鼻から細く長く空気を吸って、胸と背中に均等に空気を入れましょう。この時できるだけ肋骨が横に広がるようにしましょう。

    ③そのまま肋骨を閉じるように口から細く長く息を吐き出します。

    ④胸式呼吸ができるようになったら、両手を頭の上に組み身体全体を伸ばしましょう。

    呼吸を行っているときに、骨盤が床と並行になるようにお腹を凹まして行いましょう。力んで呼吸をする必要はありません。自然に呼吸を行いましょう。

    朝が苦手で起きられない時の寝起きストレッチ①呼吸法-01 朝が苦手で起きられない時の寝起きストレッチ①呼吸法-02
    人気の記事
    ランキング

    注目のワード